2012年11月28日水曜日

裁判傍聴に相応しい事件とは

離婚不動産関係交通事故相続刑事弁護告訴代理労働問題示談交渉会社顧問などの業務を中心に扱っている大阪弁護士中尾慎吾です。

いつも「大阪・弁護士中尾慎吾の無料法律相談室」をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。






裁判傍聴、興味があるけれども最初の一歩が踏み出せない人もいらっしゃるかもしれません。



そして、最初の一歩を踏み出すべく、頑張って裁判所に行ってみて適当な法廷の傍聴席に座ったものの、弁護士や裁判官が今何をしているのかが全く分からないといった状況に陥ったという人もいらっしゃることでしょう。



まず、民事訴訟の場合、争点整理自体は非公開の手続(弁論準備手続)で行われることが多いですから、公開の法廷において傍聴することが出来るのは、尋問手続の部分ということになります。そして、何が争点となっているかを把握していない状況で尋問手続の部分を傍聴しても、ただ眠くなるだけだと思います。


(ちなみに、争点を十分に把握しているはずの裁判官が尋問手続中に眠そうにしていることもあります。これはきっと、尋問をする弁護士側の技術的な問題であるか、あるいは裁判官が昼御飯を食べすぎたかのいずれかであると思います。)




初めて裁判を傍聴される際には、覚せい剤などの薬物事犯に関する刑事事件がおすすめです。
薬物事犯の場合、一日で(判決言渡し以外の)訴訟手続が終わることが多く、刑事訴訟の一連の流れを一日で把握することが可能となります。

薬物事犯に関する刑事事件を何件か傍聴すれば、刑事訴訟手続の大まかな流れはすぐに把握できるのではないでしょうか。




なお、薬物事犯なんてそんなに沢山あるの?と思われるかもしれませんが、少なくとも大阪においては相当多いです。


土地柄とでもいうのでしょうか……。





今後とも、「大阪・弁護士中尾慎吾の無料法律相談室」を宜しくお願い致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。