2012年11月28日水曜日

【ストーカ】離婚事件においても、問題となりえます【規制法】

ストーカー警告、8月までで過去最多1511件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121113-00000727-yom-soci

(引用開始)

「警察庁は、警告件数が過去最多を更新した背景について、長崎県西海市で昨年12月にあったストーカー殺人事件を機に、全国の警察が男女間のトラブルに積極的に対応するようになったことに加え、これまでためらっていた人からの相談も増えたためと分析している。」

(引用終了)


ストーカー被害は、何も赤の他人との間でのみ問題となるものではありません
妻から夫に対し離婚を求める中で、夫が妻のストーカーと化してしまうケースもあります。


警察弁護士の力をかなり早い段階から利用しないことには、危険を回避することが難しいケースも珍しくありません。


少しでもストーカー被害の危険性を感じられた場合には、すぐに警察か弁護士に相談されることをお勧めします。躊躇している暇は、これっぽっちもありません

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。