2012年11月28日水曜日

調停制度について理解しましょう


調停の案件を多数取り扱っております大阪弁護士中尾慎吾です。

いつも「大阪・弁護士中尾慎吾の無料法律相談室」をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


今回は、調停について簡単に説明させていただきます。


調停とは、紛争当事者双方の間に第三者である調停委員が介入し、紛争の解決を図る法制度のことです。


調停の場合、通常の民事訴訟とは異なり、紛争当事者が解決に合意しなければ不成立となり、それ以上の強制力は何ら生じません


つまり、紛争当事者が納得しない形で調停が成立することはあり得ないということになります。


債権回収損害賠償請求などの一般民事事件の場合に用いる調停のことを民事調停といいます。


離婚親権などの家事事件の場合に用いる調停のことを家事調停といいます。


民事調停と家事調停では、法律上の仕組みが異なる部分もありますので、注意が必要です。



今後とも、「大阪・弁護士中尾慎吾の無料法律相談室を宜しくお願い致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。