2012年11月28日水曜日

【SEO】あぁ、あれと似ているんだ……【検索上位】


■SEOって何?
SEO
というのは、ざっくり説明すると、特定のサイト(例えば「大阪・弁護士中尾慎吾の法律顧問相談室」)をあるサーチエンジン(例えばGoogle)で検索した際に少しでも上位に表示されるように対策することですね。




ブログを書いている人の中にはもちろん日記の代わりとしてブログサービスを利用している人も多いとは思うのですが、どうせ書くなら少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っている人もいらっしゃると思います。




巷では、被リンクの数が多ければ上位になりやすいとか、特定のブログサービスを利用すれば上位になりやすい等、本当かどうか確かることが難しい「噂」レベルの話が沢山広まっているようです。


■何かに似ている……
このSEOについて、何かと似ているな~と思っていたのですが、それが何であるか、ようやく気づきました。



そう、SEOは「司法試験」と似ているのです。




現在の司法試験では、試験後に出題趣旨や採点実感が公表されています。これらは、受験生であれば必ず目を通すべき資料です。



ですが、それら資料に目を通したとしても、合格するための明確な基準が記載されているわけではなく、読み手によって解釈が分かれるような部分があるもの事実です。




で、結局、私が資格予備校などの講義において指導する場合には、合格者の再現答案を熟読することを強くおすすめするわけです。採点実感にももちろん目を通すけれど、その解釈に時間をかけ過ぎてはいけない。それに時間をかけ過ぎるのであれば、再現答案を熟読しましょう、と。




で、結局、SEOと司法試験の何が似ているのかという話ですが、「どれだけ個別レベルの対策を講じようとしても限界があり、結局は質の良いサイト・答案を作成するほかない」ということが言いたかったのです。



検索により上位に来るサイトを見てみれば、とにかく読みやすいうえに中身が充実しているということが(ほぼ)全員に分かると思います。



それと同様に、合格者の再現答案を読めば、とても読みやすいうえに中身も充実しているということが(ほぼ)全員に分かると思います。



■まとめ
SEOも司法試験対策も、個別レベルでの対策を講じるよりもより抽象的なレベルで質の向上を図ったほうが良い



SEOも司法試験対策も、まずは現実に評価されている対象をじっくりと味わうことが必要なのだと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。