2012年12月4日火曜日

一見優しそうだけど「実はキレやすい男」の特徴7パターン【後編】


一見優しそうだけど「実はキレやすい男」の特徴7パターン【後編】(ニコニコニュース)

http://news.nicovideo.jp/watch/nw448920


「システムエンジニアとか、弁護士とか、職業上論理的な思考をしている男性って、キレやすいと思います。女性の感覚的な会話って、数字や論理で割り切れるものではないので、そういう“割り切れなさ”に対する耐性が不足しているのではないでしょうか?」
俗に言う“変に理屈っぽい人”は、理論が破綻する頃に怒り出すことがある……というのは、会社の男性を見ていて心当たりがある女性も多いでしょう。



中身について意見するつもりで引用した記事ではないのですが、この記事はキャバクラに勤務する女性に質問し、その回答をもとに作られています。


で、何が言いたいかといいますと、そもそもキャバクラに行く弁護士がどれほどいるのか?ということです。私の知人である弁護士の中にも、キャバクラに通っている人はおそらく一人もいません。また、先輩方の場合にも、キャバクラには行かず、ラウンジなどに通っていらっしゃる方が多いとの印象です。


というわけで、キャバクラに通い弁護士自体が稀であると思われる以上、引用記事の内容をそのまま受け入れることは出来ないとの結論に至りました。


たまには、こういったくだけた記事もご紹介。しました。

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。