2012年12月15日土曜日

無料相談という悲劇

無料相談は、結局は誰の利益にもなりません。もちろん、相談者の方の利益にもなりません。


弁護士が純粋にボランティア精神で相談を受けるということは、長年の知り合いや友人であればともかく、飛び込みや一見の相談者の場合には、あり得ないでしょう。弁護士は、法的知識や技術を売ることによって、ご飯を食べていきます。ボランティア精神のみで弁護士をしていては、ご飯を食べていくことが出来ません。


無料でご飯を食べさせてくれるレストランが存在しないことと、全く同じです。


目に見えない形でのサービス提供だからといって、経済的な価値がないわけがありません。


サービスには、必ず対価が伴います。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。