2012年12月17日月曜日

労働は美徳ではない


忙しいことを自慢する人がいますが、忙しいことの一体どこに自慢要素があるのかが、さっぱり理解出来ません


労働は美徳ではなく、ただ生きるために必要だから行っている。そのような考え方があって然るべきだと思います。


「働く人は偉くて、働かない人は偉くない」といった考え方には、全くもって賛同出来ません。だって、本当なら働きたくありません(笑)。


働きたい人は働けばいいですし、働かなくても何とかなる人は、別に働かなくてもいいんじゃないでしょうか。


本当は働きたくないけれど、生活のために働いている」ということを、素直に認めてしまった方が、色々と楽しいんじゃないでしょうか。


心から「仕事最高!」と思っている方は、そのままでいいと思います。何の問題もない(ただし他人にその価値観押し付けることはやめましょう)。


ですが、「仕事最高……」と無理に思い込んでいるような人は、要注意だと思います。肉体的な無理の場合には比較的分かりやすいサインが(身体の異常として)出るかもしれませんが、精神的に無理をした場合には、気付いたときには取り返しのつかない状況になっているかもしれません。


周りの目を気にして無理をするぐらいなら、周りの目気にしないで、休みましょう


休み最高!睡眠最高!



大阪 弁護士 中尾慎吾 法律顧問相談室 トップページ


ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。