2012年12月6日木曜日

【財産分与】財産分与には期間制限があるため、急ぐ必要があります【離婚】

よくあるケース

私は離婚に関する案件を沢山取り扱っているのですが、財産分与に関する知識が不正確であるために結果として損をしてしまっている人々があまりにも多いということに驚かされるのです。


財産分与は離婚よりも後回しにできる

離婚をする際には、財産分与を求めることが出来ます。ですが、この財産分与はあくまでも請求権に過ぎないため、財産分与の取り決めをせずにとりあえず離婚だけすることも(当事者間の合意があれば)可能なのです。



財産分与が請求できなくなる可能性

ここで注意していただきたいのは、、とりあえず離婚をしたものの財産分与についてはまだ何も決めていないという方は、急いで弁護士相談していただきたいということです


といいますのも、財産分与を法的に請求できるのは、離婚が成立してから2年以内に限定されるからです。




とにかく急ぎましょう

「今は何となく気が乗らないから、また気が向いたら財産分与を求めればいいや」という考え方は、実に危険だということですね。皆様もお気を付け下さい

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。