2012年12月12日水曜日

【訴訟】反論は、一つで良い。全てに反論するなかれ【争点】


例えば相手方から喧嘩をふっかけられたとき、色々と反論をしたくなる気持ちは、痛いほど分かります。しかし、あれもこれもと反論していては、問題本質を見失ってしまうことにもなりかねません。


訴訟という喧嘩に勝つためには、全ての部分に反論をするのではなく、真の争点見極めた上でその争点について的確反論を加える必要があります。


真の争点は、場合によっては、意図的に作り上げる必要もあります。


争点を上手に設定すれば、それだけで勝算は飛躍的に高まります


闘いの土俵は、自ら作り出しましょう。そして、相手方が作ろうとする土俵には、絶対に乗ってはいけません。



大阪 弁護士 中尾慎吾 法律顧問相談室 トップページ


ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。