2013年1月7日月曜日

なぜ弁護士ではなくて司法書士なのだろう日ハム期待の星よ

日本ハム・大嶋匠捕手(22)が6日、「司法書士」の資格取得という珍目標を掲げた。早大ソフトボール部からドラフト7位で入団した昨季は、2軍で60試合に出場。1軍昇格できずに、プロの厳しさを実感した。2年目の今季へ向けて「いつプレーできなくなるか分からない。まずは野球をやるのが一番ですが、資格を取りたい。司法書士がいいですね」と誓った。
(引用元:大嶋、珍目標!「司法書士」資格取得目指す…日本ハム


どうして司法書士なのだろう……弁護士業界でも大歓迎だと思いますよ。早稲田だとOBの弁護士も多いよ(笑)。

大嶋選手は、数年後には、一軍で活躍していると思いますよ。これからどんどん伸びる選手だと思います。

私も弁護士業界のノーステップヒッターを目指して(ゆるゆると)精進します。勝訴というホームランを打ちます。いや、和解でもいいかな。。。

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。