2013年2月14日木曜日

インターネット的弁護士

インターネットの登場により、色々と楽しいことが増えたと感じています。
Twitter、Facebook、ブログ、匿名掲示板など。

個人的にはTwitterが一番好きですが、会ったことのない人とも積極的に情報を交換出来るというのは、Twitterに限らずまさにインターネットの利点でしょう。

昔はパソコン自体の値段が高く、インターネット回線を利用するためのコストもかなりのものでした。ですが、今やパソコンも数万円で買えますし、インターネット回線だって月数千円で利用できます。時代は劇的に変わりました。

インターネットには無限の可能性があります。資本力の無い個人レベルにおいても、情報を発信することができますし、キーワード広告や匿名掲示板を使うことによって、多くの人の目につく形で意見を表明することが可能です。

インターネットの登場により怯えているのは、従来型のマスコミ関係者でしょう。新聞やテレビが担ってきた役割は、インターネットにより、かなり影響を受けていると思います。

「検索する」という技術さえ身につけておけば、インターネットを活用することによって色々なことを知ることが可能です。問題は、その検索技術をいかに身につけるかということですね。

検索技術さえも、インターネットで調べることが出来ます。矛盾するようですが、インターネットの使い方をインターネットで調べることが出来るのです。

このように矛盾を孕んだインターネットという技術ですが、そのような矛盾を孕んでいるからこそ、やはり無限の可能性が秘められているのだと思います。

義務教育においても、さっさとインターネットの利用法を教えるべきですね。IT教育の有無によって、色々な所で差が広がってしまうと思います。

私も、もっとインターネットについて学んでいきたいと思います。

大阪弁護士中尾慎吾法律顧問相談室トップページはこちらからどうぞ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。