2013年2月15日金曜日

売春行為と刑事罰

売春行為は違法だ!ということは、おそらく多くの方々の認識として存在するのだろうと思います。そして、その認識自体は、極めて正しいわけです。

ですが、「売春行為をしてしまいました、刑務所に入らないといけないのですか?」という質問に対しては、「心配要りませんよ」との回答を差し上げることになります。

要するに、売春行為そのものを罰する規定というものが、現行法のどこを探しても見当たらないのです。罰せられるのは、売春行為の斡旋などをした者ですね。

売春行為そのものが刑罰の対象とならない理由としては、「男女交際においては多かれ少なかれ駆け引きとしての対価が発生することがあり、罰すべき売春行為との区別が困難であるから」といったことが挙げられるでしょう。まぁ、男女交際において駆け引きとしての対価が発生するかどうかは、その人次第だとは思いますが……。

売春行為をしてしまった自分のことを過剰に責める方もいらっしゃるようですが、少なくとも刑事罰という観点からいえば、今後も日常生活を営んでもらって構わないという評価に落ち着くのだろうと思います。

しかしまぁ、自分の体は大切にしましょうね。

大阪弁護士中尾慎吾法律顧問相談室トップページはこちらからどうぞ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。