2013年4月2日火曜日

弁護士を比較するということ

一昔前までは、こうやってインターネットを通じて情報を発信する弁護士というのは、皆無に近かったように思います。それにはしっかりと原因があって、弁護士業界における広告規制と深く関連しているのですが。

情報を発信する弁護士が少なければ、依頼者自らが主体的に弁護士を選ぶという行為そのものが、困難になります。それで、どうやって弁護士を探すかというと、知人からの紹介や弁護士会からの紹介という形で探すほかないということになるでしょう。

特に従来は弁護士の数も、今とは比べ物にならないほどに少なかったわけです。数が少なければ、弁護士の知り合いがいる可能性も低くなりますよね。

会社経営者の方であれば、弁護士の知り合いもいらっしゃるかもしれません。しかし、それ以外の方の場合には、普段は弁護士と接する機会も無いでしょうから、いざ弁護士に相談する必要が生じた場合であっても、相談予約を取るだけでも一苦労ですね。

今は、こうやってインターネットを通じて情報を発信する弁護士も増えてきましたので、紹介以外の形で弁護士を探すことも容易となりました。つまり、インターネットを用いることにより、依頼者自らが主体的に弁護士を選ぶことが可能となったのです。

このような現状を「弁護士ショッピング」などと揶揄する弁護士もいます。これは、複数の弁護士を検索・比較し、複数の弁護士に対し相談を申し入れ、一番相性の良さそうな弁護士に依頼するという姿勢を表す言葉です。

しかし、このような現状は、実は、とても望ましいものであると言えるのではないでしょうか。複数の商品を比較検討するという作業は、誰しもが日常生活において行っていることでしょう。一つの商品だけをみてそれを購入するということは、とても安価な品物であれば別段、普通は、しませんよね。

弁護士業の場合、弁護士自体が商品です。そして、弁護士費用というのは、決して安価なものではありません。

比較されることを嫌がる弁護士は、自分が商品であるという自覚に欠けるのではないでしょうか。弁護士は、自分自身という個性的な商品を、自分自身というセールスマンによって説明する職業だと思います。

これからも、私は、インターネットを通じて積極的に情報を発信していきます。そして、他の弁護士とも、どんどん比較して下さい。その上で、私にご依頼頂く場合には、必ず良い仕事をさせていただくことをお約束します。

大阪弁護士中尾慎吾法律顧問相談室トップページはこちらからどうぞ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。