2013年6月7日金曜日

集中すると脈拍が上がる?

大学院時代のとても優秀な先輩が、昔、こう仰っていました。

「集中して基本書なんかを読んでいると、脈拍が上がって、汗びっしょりになるんだよね」

この言葉に、私、とても共感しました。といっても、後半部分だけですが。



私も、集中して読書をしたり音楽を聞いたりすると、例え真冬であっても汗をかきます。室温とは無関係に、汗だくになるのです。

仕事中に特に実感するのは、調停のケース。思わず白熱して、こちらの主張を精一杯伝えようと頑張った結果、待合室内においても汗びっしょり。恥ずかしぐらいに汗をかきます。



本当に何かに集中すると、人は、汗をかくのかもしれませんね。もっとも、冷静な頭を忘れてはいけず、熱くなるのは気持ちだけで十分だとは思います。頭に血がのぼると、余計なことまで口走ってしまいます。そういう弁護士、よく見かけます。



調停が苦手だという弁護士もいますが、私は、自分の口で色々と説得し、こちらの主張を分かってもらうという一連の業務が大好きなので、調停案件も積極的にお受けしています。



これからも、もっともっと汗をかいていきますよ。



大阪弁護士中尾慎吾法律顧問相談室トップページはこちらからどうぞ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。