2013年7月25日木曜日

離婚案件に対する考え方

調停や訴訟といえば「勝ち負け」を意識しがちですが、離婚案件に関して特に言えるのは、双方にとってメリットとなる解決策も十分にあり得るということです。


片方が得をするからもう一方が損をする、といった関係に、必ずしもありません。


当事者双方の価値観を慎重に見極めながら、双方にとってメリットの大きい解決策を提示することが、代理人である弁護士の役割でもあります。


離婚調停や訴訟は、決して後向きなものではないのです。


大阪弁護士中尾慎吾法律顧問相談室トップページはこちらからどうぞ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。