2013年7月25日木曜日

紹介? 飛び込み?

何か相談事があって、弁護士にアクセスしたいと考えた時に、方法としては

「誰かからの紹介を受ける」
「自分で探して直接連絡してみる」

といったものがあり得ます。


従来は、弁護士も自ら積極的に情報を発信する機会が多くなかったため、知人からの紹介で弁護士を探すといった方が多かったかもしれません。


しかし、色々な方のお話を聞いている中で、紹介に頼った弁護士探しにも難点があるということを知りました。


弁護士に相談したい内容というのは、普通は、他人に知られたくないものが多いです。弁護士ですら、相談者様の警戒心を慎重に解き、守秘義務があることを告げた上で、少しずつ本当の話を聞き出すのです。


弁護士に相談したいということは、何かしらの悩みがあるということであり、誰かに弁護士の紹介を頼むということは、その「誰か」に対し、自分がトラブルを抱えているということを告白するようなものなのです。


確かに、会社関係のトラブルであれば、個人のプライベートに直接関係しない問題も多いため、他人に知られてもさほど困らないことも多いかもしれません。


しかし、個人のトラブルとなれば、よほど仲の良い知人以外には、やはり知られたくないでしょう。


誰にも知られずにトラブルを解決するとなれば、やはり、自分で弁護士を探して直接連絡するほかないのだろうと思います。


今の時代、弁護士も自ら積極的に情報を発信していますから、そういった情報を入念にチェックして、会いたいと思った弁護士を見つけて、直接連絡して見られるのも悪くないのかもしれません。


弁護士探しに限りませんが、自ら主体的に何かを見つけるということが推奨される時代なのかもしれませんね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。