2013年8月27日火曜日

接見という言葉の分かりにくさ

大阪の弁護士中尾慎吾です。

接見とは、弁護士などが警察署や拘置所に身柄を拘束されている被疑者や被告人に会いに行くことです。

接見という言葉自体が日常生活において馴染みがなく、私も司法試験の勉強を始めるまでは接見という言葉の意味が分かりませんでした。

接見というとなんだか大袈裟なようにも聞こえますが、要するに面会と同じです。身柄を拘束されている被疑者や被告人と面会することを接見というのです。

今では、意識的に面会という言葉を用いる弁護士もいるようです。接見というような難しい言葉を用いる必要もありませんので。

では、今から接見……ではなくて面会に行ってきます。

離婚・男女問題・顧問契約・刑事弁護などを取り扱う大阪の弁護士中尾慎吾トップページはこちらからどうぞ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。