2013年10月13日日曜日

起案に集中

大阪の弁護士中尾慎吾です。


平日の昼間は、裁判所に出掛けていることや外部で打ち合わせをしていることもありますが、もちろん事務所にいることもあります。


事務所にいるのであれば起案にも集中できそうなものですが、平日の昼間はメールや電話による問い合わせも多く、起案だけに集中することも難しいというのが実情です。


そうとなれば、平日の夜間や休日に集中して起案するほかありません。弁護士が平日も休日も働いているといわれる理由は、そのあたりに存在するように思われます。


平日の昼間を休みにして夜間や休日に働くというスタイルが理想なのかもしれませんが、裁判所は平日の昼間にしか開廷しておりませんので、それでは弁護士としての仕事が務まりません。裁判所もお役所ですから、夜間土日祝日はお休みです。


弁護士業を真面目にやる以上、時間との付き合い方というのは、永遠のテーマであるような気がしております。


三連休ですが、起案も頑張りたいと思います。


離婚・男女問題・顧問契約・刑事弁護などを取り扱う大阪の弁護士中尾慎吾トップページはこちらからどうぞ

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。