2013年10月22日火曜日

地裁判事、女性司法修習生に2回キス…依願退官

地裁判事、女性司法修習生に2回キス…依願退官
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131022-OYT1T00593.htm?from=ylist



「司法修習生の女性にセクハラ行為をしたとして、福岡地裁が同地裁第1民事部に所属する高橋信慶判事(40)について分限裁判を申し立て、福岡高裁(古賀寛裁判長)が「裁判官の品位を辱める行為に当たる」と認定、懲戒処分の戒告とする決定をしていたことがわかった。


 決定は8日付。高橋判事は22日、依願退官した。 
 決定によると、高橋判事は今年8月1日午前0時頃、福岡市中央区の飲食店で、女性司法修習生1人と男性5人と飲酒しながら歓談中、女性に対して、「キスをしたい」などと複数回発言。さらに、女性の手を引っ張って引き寄せるなどしたうえ、女性の意に反して2回、左ほおにキスをした。 
 高橋判事は北海道出身。1999年に司法試験合格後、東京地裁、徳島地裁などを経て、2011年から福岡地裁に勤務していた。 
 裁判官は職務の独立性を保つため、憲法で身分が保障されており、懲戒処分を行うには、分限裁判を開く必要がある。処分対象の裁判官が所属する裁判所が、上級裁判所の高裁や最高裁に対して申し立てる。処分対象の裁判官の意見を聞いたうえで、申し立てが認められれば、戒告か1万円以下の過料となる。」


司法修習生というのは、司法試験合格後に裁判所、検察庁、弁護士事務所などにおいて実務に出る前の研修を受ける身分にある者のことですね。


司法修習生は、裁判官や検察官や弁護士の近くで事件に接したり、場合によってはアフター5に酒を酌み交わしながら色々な話を聞いたりするわけです。


指導する者と指導される者という上下関係があることは否めず、そういった上下関係の中で起こった今回の事件であるだけに、より問題は深刻であると思います。


依願退職をしたこの裁判官、今後、どういった生活をしていくのでしょうか。作家にでもなるのかな。それとも……。


離婚・男女問題・顧問契約・刑事弁護などを取り扱う大阪の弁護士中尾慎吾トップページはこちらからどうぞ

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。