2014年6月24日火曜日

離婚の種類

離婚と言っても、

協議離婚
調停離婚
審判離婚
裁判離婚

があります。なお、審判離婚はほとんど使われていませんので、弁護士以外は意識しなくてもよいかもしれません。

協議離婚でまとまるケースがとても多いのですが、協議離婚成立後に財産分与や養育費の問題でトラブルになるケースも多いです。解決したように見えて、実は全く解決していないというケースです。

調停離婚でまとまるケースも多いです。裁判離婚までいくケースは、割合的にはかなり少ないです。

裁判離婚になっても、その訴訟の中において和解が成立することもあります。判決まで行くケースは、割合的にはかなり少ないです。

協議離婚する際にも、一度は必ず弁護士に相談して下さい。財産分与や養育についてしっかりと取り決めておかなければ、離婚成立後に家庭裁判所から調停期日の呼出状が届くこともあり得ます。

離婚・男女問題・金銭問題・顧問業務に特化した弁護士 中尾慎吾(大阪市北区)

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。