2014年6月12日木曜日

夫や妻の不倫が疑わしい場合にすべきこと

夫や妻、すなわち配偶者の不倫が疑わしい場合、まずは証拠となるべきものを集めることが重要です。不倫ないし不貞行為の証拠を集めることにより、不倫を原因とする慰謝料請求(損害賠償請求)をすることが現実的なものとなります。

証拠として挙げられるものとしては、メール、LINEのトーク履歴、通話履歴、ラブホテルに入る瞬間を確保した写真などがあります。

特に、ラブホテルに入る瞬間を確保した写真というのは、不倫ないし不貞行為を立証するための証拠として極めて有力なものです。しかし、そういった写真は、独力ではなかなか入手できるものではありません。

そこで、検討すべきなのが、探偵事務所(興信所)への調査依頼です。不倫が極めて疑わしいけれども決定的な証拠が見当たらないという場合には、探偵事務所(興信所)への調査依頼も検討したほうがよいです。

私において探偵事務所(興信所)を紹介することも可能です。実際にも、私のところに法律相談にお越しになった方に対して、探偵事務所(興信所)をご紹介したことがあります。

離婚・男女問題・金銭問題・顧問業務に特化した弁護士 中尾慎吾(大阪市北区)

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。