2015年8月17日月曜日

離婚相談の件数を数えてみた

大阪の弁護士、中尾慎吾です。

私の場合、ご相談を受けた日時を全てカレンダーで管理しています。相談メモとともに把握しているのです。

試しに、直近1年間における離婚相談の件数を数えてみたところ、200件を超えていました。

一日に複数件のご相談をお受けすることもありますので、実働日数としてはまだまだ増やせます。増やせますが、増やすことによって一件ずつのサービス内容の質が低下してはなりません。

これだけ、現代社会において離婚相談の需要があるということです。もちろん私以外の弁護士も離婚相談をしているでしょうから、本当に離婚というものに対する不安感を抱く方が増えているのだろうと思います。

協議離婚するにしても、先に弁護士に相談しておけば、適切な協議離婚書を作成することが可能な場合もあります。

そもそも協議離婚よりも調停離婚のほうが適切であるといったケースもありますが、その点に関する判断は弁護士に任せた方が良い場合もあるでしょう。

無料相談の弁護士でも私のような有料相談の弁護士でも構いませんから、まずは複数の弁護士に相談してみて下さい。その中で、一番信頼のおける弁護士を探して、再度相談してみると良いでしょう。

弁護士選びは、医者選びに似たところがあると思います。少しでも相性の良いかかりつけの離婚弁護士を見つけて下さい。

mail@lawyer-nakao.com
LINE:s10h15


0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。