2016年8月8日月曜日

厳しいことを言う弁護士・コンサルタントを選ぼう

中尾慎吾です。


本日は大阪にいますが、暑い、、。仙台の知人も暑い暑いと言ってるようですけどもね。


昔に比べると、弁護士の数も増えてきたことから、一人のご相談者すなわち潜在顧客が複数の弁護士のもとを訪れることも珍しくなくなってきました。

昔だと、そもそも弁護士を探すこと自体に苦労していたのかもしれませんね。


今はインターネット上でも弁護士を探すことが可能なため、次から次へと弁護士のもとを訪問することが可能ですね。弁護士側としては、より競争にさらされているという。


より競争にさらされている弁護士としては、他の弁護士との差別化を図りたいと願うがために、

「他の弁護士よりも優しいことを言う」

という方針を採用することになるのかもしれません。そういう弁護士もいるのかもしれない、ということです。


しかし、そのような方針は、全くの逆効果なのです。多くの弁護士の中から潜在顧客に選ばれるためには、

「厳しいことを言う」

という方針こそが正解なのです。


例えば、事件の見通しを聞かれたときに、期待を持たせるようなことを言ってしまう弁護士は、二流です。


一流の弁護士は、事件の見通しを聞かれたときに、必ず、

「最悪の状況」

を想定した意見を述べなければなりません。


「最悪の状況」

を想定した意見を述べられた顧客側としては、

「ふざけるな」

との印象を受けるかもしれませんが、最悪のケースを想定して厳しいことを言える弁護士というのは、それだけ仕事にも余裕があるということですし、がっついていないということの現れでもあるのです。


二流は、仕事が欲しいがために、甘い囁きを行います。

一流は、仕事に余裕があり、がっついてもおらず、そして何より顧客の利益を第一に考えますので、平気で厳しいことを言います。


これは、弁護士だけの問題ではありません。コンサルタントの場合にも広く当てはまります。


あなたの相談している弁護士・コンサルタントは、あなたにとって耳の痛いことを言ってくれますか?言ってくれない弁護士やコンサルタントの場合には、乗り換えも検討すべきかもしれませんね。

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。