2016年9月21日水曜日

近くの弁護士よりも遠くの◯◯

例えば、大阪の弁護士やコンサルタントが大阪以外のクライアントな相談者の相談を受けていけないという決まりは、もちろんありません。


しかし、特に個人の相談者の方によく見られる傾向ですが、やはり近くに住んでいる弁護士やコンサルタントに対して相談をしたいと思われる方が多いようです。


そのような考え方についても、もちろん理解できるところはあります。そうなのですが、それではあまりにも選択肢を限定してしまっているという結果にならないでしょうか。


何も、場所に限定をかける必要はないわけです。というのも、今ではスマートフォンやインターネットがあまりにも普及しているため、そのようなインターネット回線を通じて、気軽に相談をすることができるからです。


つまり、どこに住んでいるコンサルタントに対しても、相談を気軽にすることができるといった環境が整った時代だということができます。


例えば、東京に事務所を構えるコンサルタントに対して大阪に住んでいる相談者の方が相談をしてもいいわけです。その場合には、iPhoneやAndroidスマートフォンを使って、テレビ電話の機能を用いて相談することができますし、あるいは、LINEの無料通話アプリを使って電話をするのと同様の方法により、相談するということも可能です。


この点に関して、私が問題があると思うコンサルタントの特徴があります。それは、顧客に対して、スマートフォンやiPhoneの連絡先を教えない、という人です。


そのようなコンサルタントの場合、オンラインの方式により全国対応で相談を受ける、といった仕組みを構築していないということになりますが、それではあまりにも昔ながらの方式にとらわれすぎている、と言わざるを得ないのではないでしょうか。


私の場合には、iPhoneを使い、LINEやスカイプのアプリを通じて、全国の顧客から相談をお受けしております。それこそ、顧問先は全国に存在しますし、また、個人の方からのご相談も、大阪や仙台、東京に限らず、それ以外の場所からもお受けしていることが多いです。


確かに、実際に会ってみないとわからないこともあるかもしれません。私自身も、そのことについて全否定するつもりはありません。


しかし、昔ながらの方法は、当然ながら、どんどん廃れていくわけです。そして、常に時代は新しく動いており、その新しい機能や発想を、まずは積極的に用いて試してみることが必要ではないでしょうか。


私の場合には、まずは新しい機能やガジェットについては積極的に試してみようと考えております。それは、そのように新しい機能を試すことにより、より質の高いサービスをより多くの人に対して提供できる可能性があると考えているからです。


世の中には、多くの弁護士やコンサルタントが存在します。ですので、どうせなら、場所を問わず、より多くの弁護士やコンサルタントの中から、ご自身にあった対象を選んでいただく必要があるのではないかと思ってます。


私の場合には、メールやLINEも積極的に活用して、事務所にお越しいただくことなく話を進めていくこともできるというような仕組みを構築しております。


極論を言えば、私が別に事務所に実際に出て行かなくても、iPhoneさえあればご相談をお聞きすることができる、という仕組みを構築しているということになります。


弁護士やコンサルタントによって提供できるサービスの質や量はどうしても変わってきてしまいます。そのため、どの弁護士やコンサルタントを選んでも一緒である、とは残念ながらいいことができません。


そうであるならば、相談者の側において、より多くの弁護士やコンサルタントの中から、その弁護士やコンサルタント書いているブログやツイッターを見た上で、信頼のおけると思えた弁護士やコンサルタントに対して、まずはメールやLINEによって連絡を取ってみるべきでしょう。


私のLINE IDは「s10h15」です。とりあえず登録しておいて、気軽に連絡をしてみても良いかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。