2016年10月26日水曜日

質問力を高めるための簡単な習慣

弁護士、コンサルタントの中尾慎吾です。最近は、大阪、仙台、東京を中心に活動しています。

生きる上において一番重要な技術の一つに「質問力」があります。

質問力は、対人関係の基礎をなす技術ですが、何も対人関係においてのみ必要となるものではありません。

質問力は、自問自答を行うという過程においても、非常に重要な役割を果たします。

人は、無意識のうちに、自分自身に対して無数の質問を投げかけているのです。

例えば、目覚ましをかける時には、明日の予定を確認した上で何時に起きるべきであるのかということを自分自身に対して質問しています。

また、昼ご飯を食べる時にも、どの品目から食べようかということを自分自身に対して質問しています。

人の全ての行動は、自問自答から始まります。自分の欲求を明らかにするために、自分の心の中で自分に対して質問しているのです。

対人関係において、質問力を高めると、交渉や問題解決に際してとても有利に物事を運ぶことができるようになります。

そして、その質問力を高める方法が問題となりますが、普段、無意識に行っている自問自答を、意識的に行ってみるということをお勧めします。

自分の欲求の働き方を意識的に観察することにより、他者の欲求の働き方にも敏感になることができます。

朝起きてから夜眠るまで、たった一日だけでもよいので、意識的に自問自答を行ってみて下さい。

中尾慎吾
mail@lawyer-nakao.com



0 件のコメント:

コメントを投稿

ご挨拶

【諦めません】
知恵を絞って、解決策をご提案させていただきます。

【自信があります】
サービスの質に、絶対的な自信があります。

【あなたのために】
全力でお手伝いをさせて下さい。